トヨタ 新型ヴェルファイアってDQN車なの?おすすめグレードは?

シェアする

TOYOTA・VELLFIRE

ヴェルファイア

TOYOTAトヨタ自動車)が、2008年より製造販売を行っているDQNたちも御用達の大人気ミニバンであるVELLFIREヴェルファイア)ですが、LLサイズのミニバンとしてのおすすめグレードや快適機能についてご紹介させていただきたいと思います。

正直なところ、世間ではマイルドヤンキーなどの少しヤンチャな方々が乗っているイメージが強いクルマですが、実際のところの評価が気になる人も多いのではないでしょうか。

ヴェルファイアは、高級ミニバンとしての王者に君臨しているALPHARDアルファード)の兄弟車なのです。

それでは、本題に戻ってご紹介させていただきますね。

スポンサードリンク

エクステリア

ヴェルファイアのエクステリアは、標準仕様とエアロ仕様の2パターンがラインナップされています。

好みによって選べるって良いですね。

標準仕様のエクステリア

イカツイフロントフェイスですが、少し落ちついたバンパーを装着することで、上品でスポーティな印象になっています。

エアロ仕様のエクステリア

エアロ仕様は、まさにDQN仕様と感じさせるエクステリアになっています。

フロントバンパーの両サイドのデザインが、ヴェルファイアらしいフロントフェイスですね。

スポンサードリンク

インテリア

Executive Lounge S

こちらは、ヴェルファイアの中でも最上級グレードとなるExecutive Lounge SエグゼクティブラウンジS)のインテリアになります。

2列目シートは、メルセデス・ベンツSクラスに負けない超豪華仕様となっています。

一般の方には羨ましい装備ですが、実際のところ3列目シートの使用頻度が高いファミリー層には不向きなグレードとなります。

理由としましては、2列目シートの間がウォークスルーできないからですね。

ZG・Z”Gエディション

こちらは、ZGグレードZ”Gエディションのインテリアになります。

先程、ご紹介させて頂いたエグゼクティブラウンジの2列目シートよりは、豪華さが劣りますが、ウォークスルーできるスペースが確保されており、小さな子様がいるファミリーでも高級感を味わいながら乗車できるグレードです。

Z“A エディション

こちらは、使い勝手を重視したZ”Aエディションのインテリアになります。

ZGグレードやZ”Gエディションよりも更に豪華さが劣ったインテリアになります。

しかし、このグレードには、なんと助手席に特殊な機能を搭載しています。

その名も「助手席スーパーロングスライドシート」です。

2列目シートに小さなお子様を乗せていてもロングスライドすることで、助手席に座った状態でもお子様のお世話ができてしまうという画期的な機能です。

しかし、私自身が体感したのですが、助手席をわざわざロングスライドするなら初めから2列目に乗車した方がいいと感じました。

個人的な評価としましては、Z”Aエディションを選ぶなら、エグゼクティブシートがあるZGグレードやZ”Gエディションを選択するのがベストチョイスと思いますね。

乗り換えは買取りがオススメ

営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いんです!

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました。

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら。

中古車売買Ancar(アンカー)中古車購入、査定

関連記事はコチラ❤


スポンサーリンク






シェアする

フォローする

スポンサーリンク