トヨタ タンクが一部改良で新型タンクが誕生!!一部改良の内容は?

シェアする

TOYOTA・TANK

TOYOTAトヨタ自動車)が、2016年より製造販売を行っているトールワゴンタイプの大人気コンパクトカーのTANKタンク)が、発売からちょうど2年を迎えると同時に、一部改良され、新型タンクNew TANK)が誕生するようです。

タンクという車名の由来は、英語で「タンク・水槽・貯蔵」という意味が由来となっており、車名の通り、たくさんの荷物が積める室内空間を実現しています。

兄弟車は、トヨタ店で取り扱うROOMYルーミー)、DAIHATSUダイハツ工業)が取り扱うTHORトール)、SUBARUスバル)のJUSTYジャスティ)になります。

スポンサードリンク

エクステリア

こちらが、タンクのエクステリアになります。

残念ながら、新型タンクのエクステリア画像は、まだ出回っていないようです。

今回の一部改良では、エクステリアデザインの改良は然程、行われないという情報があるため、細かいデザインの改良に留まるものと思われます。

スポンサードリンク

インテリア

インテリアデザインについては、仕様変更があるという情報までは確定しているようです。

おそらく、インテリアパネルやシート表皮の仕様変更が、主な改良ポイントになると予想されています。

スポンサードリンク

安全装備

改良ポイント

初代タンクには、先進安全装備のスマアシⅡスマートアシストⅡ)が搭載されています。

今回の一部改良で、更に進化したスマアシⅢスマートアシストⅢ)が、搭載されます。

スマアシⅢの特徴

ソナーセンサーに加え、ドライバーの視界や頭上空間を妨げない、
世界最小ステレオカメラを新搭載。

歩行者や先行車、障害物などの様々な情報を的確に捉え、運転者に注意を促したり、緊急ブレーキを作動させます。

乗り換えは買取りがオススメ

営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いんです!

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました。

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら。

中古車売買Ancar(アンカー)中古車購入、査定

関連記事はコチラ❤


スポンサーリンク






シェアする

フォローする

スポンサーリンク