トヨタ スペイドを一部改良し特別仕様車Fノーブルコレクション誕生!特別装備は?価格は?

シェアする

トヨタ・スペイド

助手席側に、大開口ワイヤレス電動スライドドアを持つハイトワゴン、トヨタスペイドSPADE)。

車名の「スペイド(SPADE)」は、「Space(スペース)」と「Wide(広い)」をまとめ合わせた造語とし、トランプのスペードが持つクールな心象を付与。

エンジンは、1.5L直列4気筒DOHC(109馬力/103馬力)を内蔵し、トランスミッションは自動無段変速機(SuperCVT-i)を組み合わせる。

駆動方式は、前輪駆動方式と4輪駆動方式を提供する。

スペイドのトレードマークとする大開口電動ワイヤレススライドドアは、開口高1250mm、開口奥行き1020mm。

他にもフラットなフロアの地上高は300mm。

その上、ボディの大きさは、2WD車で3995×1695×1690mm(全長×全幅×全高)となる。

ライン急上昇は、「X」、前席がベンチシートの「Y」、前席がセパレートシートの「F」、本革ステアリングとオートエアコンを備えた「G」を設定。

採り上げるの、「F」を依拠に特別仕様車Fノーブルコレクションを新設定。

革調シボ付ルーフフィルム、本革巻きのステアリングホイールおよびシフトレバーノブ、合成皮革とファブリックをまとめ合わせた専門シートを採用。

その上、インストルメントパネルなどの主要なインテリア装飾パーツ色を黒に一体化するとともに、インサイドドアハンドル(運転席・助手席)をはじめ内外装の各所にメッキ加飾を施すなど、上質感を高めた。

なお、HIDパッケージ(プロジェクター式ディスチャージヘッドランプオートレベリング働き付、コンライト)、スーパーUV切断パッケージをスペシャル装備し、利便性や気持ちが良い性を向上させた。

ボディ色彩は、新採用のルーフフィルムとのまとめ合わせでツートーンの色味リングが遊べる、スペシャル設定色「ブロンズマイカメタリック」を含む全5色を設定しています。

スポンサードリンク

エクステリア

スペイドにはモノトーンカラー7色を設定するとともに、ブラックのカーボン調ルーフフィルムを組み合わせた3組のカラーバリエーションを設定しました 。

スポンサードリンク

インテリア

スペイド 特別仕様車 F“Noble collection”は、Fグレードをベースに、革調シボ付ルーフフィルム、合成皮革とファブリックを組み合わせた専用シートなどを特別装備しました。

乗り換えは買取りがオススメ

営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いんです!

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました。

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら。

中古車売買Ancar(アンカー)中古車購入、査定

関連記事はコチラ❤


スポンサーリンク






シェアする

フォローする

スポンサーリンク