トヨタ スペイドを一部改良し特別仕様車Fノーブルコレクション誕生!特別装備は?価格は?

シェアする

トヨタ・スペイド

助手席側に、大開口ワイヤレス電動スライドドアを持つハイトワゴン、トヨタスペイドSPADE)。

車名の「スペイド(SPADE)」は、「Space(スペース)」と「Wide(広い)」をまとめ合わせた造語とし、トランプのスペードが持つクールな心象を付与。

エンジンは、1.5L直列4気筒DOHC(109馬力/103馬力)を内蔵し、トランスミッションは自動無段変速機(SuperCVT-i)を組み合わせる。

駆動方式は、前輪駆動方式と4輪駆動方式を提供する。

スペイドのトレードマークとする大開口電動ワイヤレススライドドアは、開口高1250mm、開口奥行き1020mm。

他にもフラットなフロアの地上高は300mm。

その上、ボディの大きさは、2WD車で3995×1695×1690mm(全長×全幅×全高)となる。

ライン急上昇は、「X」、前席がベンチシートの「Y」、前席がセパレートシートの「F」、本革ステアリングとオートエアコンを備えた「G」を設定。

採り上げるの、「F」を依拠に特別仕様車Fノーブルコレクションを新設定。

革調シボ付ルーフフィルム、本革巻きのステアリングホイールおよびシフトレバーノブ、合成皮革とファブリックをまとめ合わせた専門シートを採用。

その上、インストルメントパネルなどの主要なインテリア装飾パーツ色を黒に一体化するとともに、インサイドドアハンドル(運転席・助手席)をはじめ内外装の各所にメッキ加飾を施すなど、上質感を高めた。

なお、HIDパッケージ(プロジェクター式ディスチャージヘッドランプオートレベリング働き付、コンライト)、スーパーUV切断パッケージをスペシャル装備し、利便性や気持ちが良い性を向上させた。

ボディ色彩は、新採用のルーフフィルムとのまとめ合わせでツートーンの色味リングが遊べる、スペシャル設定色「ブロンズマイカメタリック」を含む全5色を設定しています。

スポンサードリンク

エクステリア

スペイドにはモノトーンカラー7色を設定するとともに、ブラックのカーボン調ルーフフィルムを組み合わせた3組のカラーバリエーションを設定しました 。

スポンサードリンク

インテリア

スペイド 特別仕様車 F“Noble collection”は、Fグレードをベースに、革調シボ付ルーフフィルム、合成皮革とファブリックを組み合わせた専用シートなどを特別装備しました。

スポンサーリンク