トヨタ シエンタがマイナーチェンジで新型シエンタ誕生!改良点は?

シェアする

TOYOTA・SIENTA

TOYOTAトヨタ自動車)が、2003年より製造販売を行っているミドルサイズミニバンSIENTAシエンタ)が、マイナーチェンジされ、新型SIENTA新型シエンタ)が誕生します。

シエンタの車名の由来ですが、英語の「entertain」=楽しませると、スペイン語の「Siete」=7という単語を由来とした造語から名付けられたようです。

シエンタは、コンパクトなボディで取り回しがよく、両側スライドドアを完備しているため、若いファミリー層や女性から大人気のクルマになっているます。

スポンサードリンク

新型シエンタ概要

新型シエンタは、今回のマイナーチェンジでは、大幅なエクステリアの改良には至らなかったようです。

主に、安全で安心して乗ることができるファミリーカーを目指して改良されたようです。

また、使い勝手の良い2列シートの5人乗り仕様を新設定し、アウトドアなどで活発に活動される方々の要望を取り入れられ改良されています。

スポンサードリンク

改良ポイント

インテリジェンスクリアランスソナー

NEWシエンタには、インテリジェンスクリアランスソナー(ICS)が新搭載され、コンビニやショップのガラスや駐車場の壁などの静止物を検知します。

突発的なアクセルとブレーキの踏み間違いや接近しすぎた際に、表示と警告音で注意を促し、更に、自動ブレーキで衝突の緩和や被害軽減に寄与します。

プリクラッシュセーフティシステム

プリクラッシュセーフティシステムは、レーザーレーダーと単眼カメラで、前方での衝突物を検知し、運転者へ表示と警告音で注意を促し、自動ブレーキで衝突の緩和や被害軽減に寄与します。

レーンディパーチャーアラート

レーンディパーチャーアラートは、運転者が指示器(ウインカー)を出さずに車線をはみ出しそうな場合に、警告音とディスプレイ表示で通知してくれます。

長距離ドライブなど疲れている際にも安心して運転できるようサポートしてくれる機能になります。

オートマチックハイビーム

オートマチックハイビームは、夜間運転時に、先行者や対向車がいないときは、ハイビームになり、先行者や対向車がいる場合は、ロービームに自動的に切り替えをし、夜間での見えやすさに寄与します。

パノラミックビューモニター

NEWシエンタから、アルファードヴェルファイアなどでお馴染みのパノラミックビューモニターが新設定されます。

車両を上から見たような映像をナビゲーション画面に表示させ、運転席からの死角となるクルマの周りの状況をリアルタイムに確認することが可能になります。

運転に自信がない方でも安心して車庫入れや縦列駐車ができます。

スポンサードリンク

NEWシエンタのカタログ

乗り換えは買取りがオススメ

営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いんです!

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました。

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら。

中古車売買Ancar(アンカー)中古車購入、査定

関連記事はコチラ❤


スポンサーリンク






シェアする

フォローする

スポンサーリンク