トヨタ シエンタがエンジン破損の恐れ!13万台超リコール!!

シェアする

トヨタ・シエンタ

トヨタ自動車TOYOTA)は6月26日、エンジンが破損するおそれがあるとして、シエンタSIENTA)をリコール国土交通省に届け出を行いました。

対象台数は、 2015年5月7日~18年9月3日に製造された 13万7016台にのぼるようです。

スポンサードリンク

不具合原因

不具合原因は、ハイブリッド車のエンジンルーム後部に設置ているカウルルーバの防水機能が不適切なため、集中豪雨ゲリラ豪雨など多量の雨水がかかったケース、水がエンジン上に滴下してインジェクター装着部から燃焼室に浸入する事がある。

それによりコンロッドが変形して異音が現れてし、最悪の時、エンジンが破損する可能性がある。

スポンサードリンク

改善措置の内容

カウルルーバの仕様に応じてシール材を貼り付けるとともに、全車両、エンジ
ンに防水カバーを追加する。また、エンジンの燃焼室を点検し、異常がある場合 はエンジンを新品に交換する。

http://www.mlit.go.jp/common/001295200.pdf

識別:改善済車両には、車台番号打刻の1桁目の左部に黄色ペイントを塗布する。

http://www.mlit.go.jp/common/001295200.pdf
乗り換えは買取りがオススメ

営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いんです!

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました。

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら。

中古車売買Ancar(アンカー)中古車購入、査定

関連記事はコチラ❤


スポンサーリンク






シェアする

フォローする

スポンサーリンク