トヨタ 新型ヤリスクロスデビューか!?

シェアする

ヤリスクロス

TOYOTAは、開催打ち切りとなった第90回ジュネーブ国際モーターショーにて披露する予定であった新型車ヤリスクロスを世の中初公開しました。

ヤリスクロスは、主力コンパクトカー・ヤリスの資質を継承する新たなSUVとして、日本では2020年秋、ヨーロッパでは2021年半ばの売り出しを予定しています。

スポンサードリンク

ヤリスとは

ヤリスは、小柄カーの世の中デフォルトをつくろうとの気概のもと、1999年のデビュー以来、トヨタの小柄カーの主力モデルとして、グローバルでは累計約871万台(2020年3月末時点)を提供しています。

最先端モデルは、走る楽しさに加え、最先端のハイブリッド仕組みによるクラスワールドワイド最高レベルの低燃費、先進の確か・心配無用技術を準備、小柄カーの域を超える新世代小柄カーとして、2019年10月に世の中初披露しました。

スポンサードリンク

エクステリア

フロントビュー

サイドビュー

リアビュー

ヤリスクロスは、ヤリスブランドで築いてきた「走る楽しさへのこだわり」「クラスを超えた質感」を受け継ぎつつ、都市型小ぶりSUVを再定義する事を目指して製作しました。

ヤリスと同じくの小柄カー向けTNGAプラットフォーム(GA-B)と、イノベーションしたハイブリッド体系の採用などにより、高次元の元性能と環境性能を実現。

加えて、取り回しの良いボディ大きさと、住まう性や荷室広がりといったSUVらしいユーティリティ性能を両立しました。

スポンサードリンク

インテリア

エクステリアデザインは、質素ながらも、SUVならではの“ロ胸”(頑強さ)を表現しています。

インテリアも、ワンクラス上の質感と居心地の良さが感じられる造形としました。

スペック

ガソリン ハイブリッド
全長/全幅/全高
4,180mm×1,765mm×1,560mm
*アンテナ除く
ホイールベース 2,560mm
エンジン 直列3気筒1.5Lダイナミックフォースエンジン
リダクション機構付のTHSⅡ(直列3気筒1.5Lダイナミックフォースエンジン)
*TOYOTA Hybrid System Ⅱ
トランスミッション Direct Shift-CVT
駆動方式 FF/4WD
FF/E-Four
*電気式4輪駆動方式
乗り換えは買取りがオススメ

営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いんです!

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました。

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら。

中古車売買Ancar(アンカー)中古車購入、査定

関連記事はコチラ❤


スポンサーリンク






シェアする

フォローする

スポンサーリンク