トヨタ 新型スープラの詳細判明!特別内覧会での画像・動画有り!

シェアする

トヨタ・スープラ

トヨタ自動車TOYOTA)が、1978年から2002年まで製造販売を行っていた大人気スポーツカースープラSUPRA)が、2019年に復活することは皆さんご存知ですよね。

今回の復活するスープラは、初代から数えて、5代目スープラとなります。

約17年の時を経て、復活する新型スープラの実車をいち早く見学してきました。

エクステリア、インテリアなどの画像を順にご紹介させていただきますね。

スポンサードリンク

新型スープラの特徴

今回のフルモデルチェンジで発売される新型スープラは、過去に発売されていた歴代スープラの 直列6気筒エンジンFRレイアウトといった DNAを受け継いでいます。

Package(パッケージ)

パッケージ開発の段階から、優れた回頭性を引き出す、ショートホイールベースとワイドトレッドの理想的なバランスが追求されています。

また、重心の低さにもこだわり、水平対向エンジンを搭載した86ハチロク)よりも更に低い重心になっています。

前後の重量バランスについては、50:50の配分を達成しています。

Design(デザイン)

直列6気筒エンジンを搭載し、FRスポーツ車らしいロングノーズ&ショートキャビンのシルエットになっています。

上下に薄いインテリアパネルと高く幅広いコンソールになっており、典型的なFRスポーツカーの空間になっています。

内外装のデザインには、パッケージレイアウトが持つ特徴が存分に活かされたデザインになっています。

Body(ボディ)

新型スープラのボディは、アルミと鉄を採用し、骨格構造や異素材同士の接合強度が追求されています。

86のボディ剛性と比較すると、約2.5倍のボディ剛性になっています。

更に、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)キャビンを採用し、レクサスのスポーツカーである、レクサスLFALEXUS LFA)をも上回る車種に仕上がっています。

Engine(エンジン)

最大トルク500N・mを発揮する3.0L直列6気筒ツインスクロールターボエンジンとチューニングの異なる、2種類の2.0L直列4気筒 ツインスクロールターボエンジンがラインナップされます。

いずれも8速スポーツオートマチックと組み合わされています。

スポンサードリンク

ボディカラー

ホワイトメタリック(D01)

ホワイトメタリック(D01)

シルバーメタリック(D02)

シルバーメタリック(D02)

アイスグレーメタリック(D03)

アイスグレーメタリック(D03)

ブラックメタリック(D04)

ブラックメタリック(D04)

プロミネンスレッド(D05)

プロミネンスレッド(D05)

ライトニングイエロー(D06)

ライトニングイエロー(D06)

ディープブルーメタリック(D07)

ディープブルーメタリック(D07)

マットストームグレーメタリック(D08)

マットストームグレーメタリック(D08)
乗り換えは買取りがオススメ

営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いんです!

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました。

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら。

中古車売買Ancar(アンカー)中古車購入、査定

関連記事はコチラ❤


スポンサーリンク






シェアする

フォローする

スポンサーリンク