トヨタ 新型スープラの詳細判明!特別内覧会での画像・動画有り!

シェアする

トヨタ・スープラ

トヨタ自動車TOYOTA)が、1978年から2002年まで製造販売を行っていた大人気スポーツカースープラSUPRA)が、2019年に復活することは皆さんご存知ですよね。

今回の復活するスープラは、初代から数えて、5代目スープラとなります。

約17年の時を経て、復活する新型スープラの実車をいち早く見学してきました。

エクステリア、インテリアなどの画像を順にご紹介させていただきますね。

スポンサードリンク

新型スープラの特徴

今回のフルモデルチェンジで発売される新型スープラは、過去に発売されていた歴代スープラの 直列6気筒エンジンFRレイアウトといった DNAを受け継いでいます。

Package(パッケージ)

パッケージ開発の段階から、優れた回頭性を引き出す、ショートホイールベースとワイドトレッドの理想的なバランスが追求されています。

また、重心の低さにもこだわり、水平対向エンジンを搭載した86ハチロク)よりも更に低い重心になっています。

前後の重量バランスについては、50:50の配分を達成しています。

Design(デザイン)

直列6気筒エンジンを搭載し、FRスポーツ車らしいロングノーズ&ショートキャビンのシルエットになっています。

上下に薄いインテリアパネルと高く幅広いコンソールになっており、典型的なFRスポーツカーの空間になっています。

内外装のデザインには、パッケージレイアウトが持つ特徴が存分に活かされたデザインになっています。

Body(ボディ)

新型スープラのボディは、アルミと鉄を採用し、骨格構造や異素材同士の接合強度が追求されています。

86のボディ剛性と比較すると、約2.5倍のボディ剛性になっています。

更に、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)キャビンを採用し、レクサスのスポーツカーである、レクサスLFALEXUS LFA)をも上回る車種に仕上がっています。

Engine(エンジン)

最大トルク500N・mを発揮する3.0L直列6気筒ツインスクロールターボエンジンとチューニングの異なる、2種類の2.0L直列4気筒 ツインスクロールターボエンジンがラインナップされます。

いずれも8速スポーツオートマチックと組み合わされています。

スポンサードリンク

ボディカラー

ホワイトメタリック(D01)

ホワイトメタリック(D01)

シルバーメタリック(D02)

シルバーメタリック(D02)

アイスグレーメタリック(D03)

アイスグレーメタリック(D03)

ブラックメタリック(D04)

ブラックメタリック(D04)

プロミネンスレッド(D05)

プロミネンスレッド(D05)

ライトニングイエロー(D06)

ライトニングイエロー(D06)

ディープブルーメタリック(D07)

ディープブルーメタリック(D07)

マットストームグレーメタリック(D08)

マットストームグレーメタリック(D08)
スポンサーリンク