トヨタ ヴォクシー・エスクァイア廃盤?新型ノアに一本化か!?

シェアする

ヴォクシー・ノア・エスクァイア三兄弟

そうなると、同じクルマがどこの提供店でも買えるようになるため、兄貴車を設定する解釈がなくなるのだ。

はたして、3姉妹で稼いできた台数を新型ノア1車種でカバー可能なのか? ベストカーがつかんだエクステリアデザインの最終案とともに、新型ノアの現在わかっているすべてを解説していこう。

この3兄弟は、各々ボディパネル、エンジンなどベースコンポーネントは同じで、エクステリアデザインはヴォクシーが若者向けでパーソナリティー的なカッコよさ、ノアはファミリー志向でおとなしめ、エスクァイアはクオリティの高い作りを強調している。

平均で単月合計約1万5000台を提供する大ヒットミニバンに成長した3兄貴が、岐路に立たされている。

最先端の情報によると、3姉妹のうち、ノアが生き残る事になり、ヴォクシー、エスクァイアが廃止されるという。

トヨタの5ナンバー大きさミニバンといえば、ノア/ヴォクシー/エスクァイアの3兄貴。

ではなぜ、3弟が1車種に統合される事になったのか? それは現時点で4つに分かれているトヨタの提供チャンネルを2020年5月(東京地区は2019年4月に一体化済み)に1つに一体化される。

スポンサードリンク

新型ノア

現時点で入っている情報では、ノア3姉妹はノアに調整される見込みが高いようだ。

どこでも同じクルマが買えるようになる事で、姉妹車を設定する意味合いがなくなる。

5ナンバーサイズの箱形ミニバンというコンセプトは継続(カスタムは3ナンバー)される。

新型ノアはノーマルとカスタムバージョンのラインナップとなり、ヴォクシーとエスクァイアは現行型で終了となりそうだ。

トヨタは目下トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店の4つに分かれているディーラーチャンネルを2020年5月に調整する(東京地区は2019年4月に一体化済み)。

ただ、等級名などで生き残る見込みは充分ある。

パワーユニットは2Lのガソリンエンジンと2Lのハイブリッド(THSII)で、ハイブリッドは1.8Lから排気量急上昇される事になる。

スポンサードリンク

エクステリア

2020年5月に全国のトヨタの販売店が統合されることで、ノア/ヴォクシー/エスクァイアの弟車はノアに統合される確率がコッテリだ。

上はそのカスタムバージョンで、デフォルト仕様とカスタムバージョンのまとめ合わせとなりそうだ。

現行ノア3兄弟同じく、四角いボディで大注目が出そうだ。

乗り換えは買取りがオススメ

営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いんです!

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました。

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら。

中古車売買Ancar(アンカー)中古車購入、査定

関連記事はコチラ❤


スポンサーリンク






シェアする

フォローする

スポンサーリンク