トヨタ MR2が復活し新型MR2が誕生!?復活時期は?価格は?

シェアする

トヨタ・MR2

TOYOTAトヨタ自動車)が、1984年に誕生し、1999年まで製造販売されていた2シーターミドルシップスポーツカーMR2が、約20年ぶりに復活され、新型MR2が誕生するという情報を入手しましたので、速報としてお伝えしたいと思います。

日本向けに販売されていた車名は、ご存知の通り、MR2(エムアールツー)として販売されていましたが、海外(ヨーロッパ)向けなどの国外車名は、MR-Sエムアールエス)という車名で販売されていました。

スポンサードリンク

車名の由来

改めて、MR2という車名の由来についてご紹介させていただきたいと思います。

MR2という車名は、「Midship Runabout 2seater」の頭文字を取って名付けられたのが、車名の由来となっています。

正式名称は、「MR2」ですが、某カー雑誌やカー用品のWEBサイトでの表記が、「MR-2」と誤った表記になっていることも多々あるようですので間違いに気をつけてくださいね。

スポンサードリンク

歴代MR2について

初代MR2

こちらが、1984年から1989年までの5年の間、製造販売されていた初代MR2になります。

開発秘話としましては、1979年に豊田英二社長が主査たちに飛ばした、「トヨタには今後、常識では考えられないひと味違ったクルマがあってもいいのではないか」という檄のもと製作が着手された。

2代目MR2

こちらが、1989年にフルモデルチェンジされた2代目MR2になります。

このフルモデルチェンジで、初代MR2のデザインを継承しつつも、時代の流れに合わせ、丸みを帯びたエクステリアデザインが採用されました。

1991年には、マイナーチェンジされ、足回りを中心とした改良が行われました。

また、1993年には、2度目のマイナーチェンジが行われました。

エクステリアは、上記のものになります。

MR2といえば、レッドカラーが印象的ですが、ホワイトもすごくカッコいいですね。

乗り換えは買取りがオススメ

営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いんです!

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました。

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら。

中古車売買Ancar(アンカー)中古車購入、査定

関連記事はコチラ❤


スポンサーリンク






シェアする

フォローする

スポンサーリンク