トヨタ ハリアーがマイナーチェンジ!新型ハリアー誕生!改良点は?発売日は?

シェアする

マイナーチェンジでの改良点

インテリジェントクリアランスソナー(ICS)


インテリジェントクリアランスソナー(ICS)

今回のマイナーチェンジで、これまではメーカーオプションであったインテリジェントクリアランスソナー(ICS)が、全車標準装備になるようです。

ICSは、アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、トラブルの低減に寄与するシステムになります。

車庫入れなどの運転時、障害物の接近を表示とブザーで知らせる「クリアランスソナー」に、障害物との接触を緩和するパフォーマンスを追加。

前後進行方向にある壁などの障害物を検知しているときに、発進時にエンジン出力を抑制し、そして距離が縮まると自動的にブレーキをかけます。

その上、低速走行時(クリープ走行時)など、アクセルが踏まれないシーンにも対応します。

インテリジェントパーキングアシスト2

インテリジェントパーキングアシスト2

アルファードヴェルファイア新型クラウンに搭載されているインテリジェントパーキングアシスト2が、新型ハリアーにも新採用されるようです。

インテリジェントパーキングアシスト2は、カメラと超音波センサーの検知結果をフュージョンする事で駐車スペースを検知し、区画線を検知できた時のみ目標駐車位置を自動設定します。

仮に隣接する車両が傾いて駐車しているような時でも、隣接車両と適切な距離を確保し、区画線内へクルマを誘導します。

そして、駐車に自信のあるドライバーなら何気なくステアリングを切返して駐車するであろうせせこましい駐車場においても、インテリジェントパーキングアシスト2は力を発揮。

一発駐車だけでなく、複何回かの前後置き換えを含めたアフターケアを行うので、より窮屈な駐車環境であっても、大きなボディを持て余す事なく、手っ取り早く・スムーズに駐車できます。

そして縦列駐車は言うまでもなく、縦列駐車から出庫するときに前後の広がりが狭く、隣接する車両への接触のリスキーがある事例は、超音波センサーを駆使して発進できる位置までのステアリング操作を自動で行い、スムーズな出庫をアシストする事もできるです。

デジタルインナーミラー

デジタルインナーミラー

デジタルインナーミラーも新型ハリアーに搭載され、より安全に後方を確認することが可能になるようです。

デジタルインナーミラーは、車両後方カメラの映像をインナーミラー内のディスプレイに表示。

切替レバーを操作する事で、鏡面インナーミラーモードからデジタルインナーミラーモードに切替える事ができます。

視野を遮るものがない映像による後方の確か見定めをできるとしました。

ブラインドスポットモニター

ブラインドスポットモニター〈BSM〉

現時点では、未確定の情報になりますが、ブラインドスポットモニター〈BSM〉も搭載される可能性があるようです。

BSMは、隣の車線を走る車両をレーダーで検知。

車両が死角エリアに入ると、ドアミラーに内蔵されたLEDインジケーターを点灯させます。

そのとき、サイドターンランプを点滅させるとLEDインジケーターも点滅し、ドライバーに用心を喚起します。

スポンサードリンク

発売時期

新型ハリアーの発売時期ですが、現時点の情報によると、2019年9月頃に発売されるようです。

7月頃より、トヨタ販売店で正式な情報が取れるのではないでしょうか。

詳細が分かりましたら、続報としてお伝えしたいと思います。

関連記事はコチラ❤


スポンサーリンク






シェアする

フォローする

スポンサーリンク