トヨタ 新型センチュリーにセンチュリーGRMN誕生!エクステリアも判明

シェアする

TOYOTA・CENTURY

TOYOTAトヨタ自動車)が、1967年より製造販売を行っているトヨタ車の中でも最高級セダンのCENTURYセンチュリー)が、2018年6月22日に約20年ぶりのフルモデルチェンジで誕生した、3代目センチュリーに、Gazoo Racingガズーレーシング)が、オリジナルチューニングしたセンチュリーGRMNが、誕生することが確実になったようです。

センチュリーという車名は、英語の「CENTURY」と、豊田佐吉翁生誕100年を記念して名付けられたのが、由来となっているそうです。

スポンサードリンク

センチュリーGRMN開発予告

2017年10月29日に、トヨタ自動車の取締役社長でもある豊田章男氏(モリゾウ氏)が、東京モーターショー2017の中で開催されたトークショーで、新型センチュリーに、ガズーレーシングがチューンナップしたモデルを追加すると示唆しました。

その名も、センチュリーGRMN(CENTURY GRMN)です。

現在のトヨタ車の公用車は、アルファードALPHARD)ですが、新型センチュリーGRMNの開発が完了次第、モリゾウ氏は、新型センチュリーGRMNを職場へ乗っていくと明言していました。

その発言内容が、現実に近づいています。

スポンサードリンク

エクステリア

今回リークされたセンチュリーGRMNのエクステリアを最速紹介していきたいと思います。

フロントグリルは、レクサス車F SPORTのようなメッシュグリルが装着されています。

グリルには、「GRMN」のエンブレムが装着されていることも確認できます。

フロントリップスポイラーには、レッドラインがアクセントとなり、スポーティ感を強調しています。

アルミホイールも、GRMN専用の大口径のホイールが装着されており、通常の車高よりもローダウンされているようにも感じます。

スポンサードリンク

インテリア

新型センチュリーGRMNのインテリアについては、現在のところリークされていないようでした。

おそらく、GRMN専用シートが装着され、シート表皮には、ウルトラスエードが採用されると予想されます。

上記の参考画像は、マークX GRMNになります。

リーク情報が入りましたら、追ってご紹介したいと思います。

発表時期・車両販売価格

発表時期

東京モーターフェス2018

新型センチュリーGRMNの公式発表ですが、早ければ、2018年10月6日から10月8日まで開催される、東京モーターフェス2018東京モーターショー2018)で発表される可能性があるようです。

車両販売価格

気になるセンチュリーGRMNの車両販売価格ですが、通常のセンチュリーの車両販売価格が、1960万円からとなっているため、非常に高額になることは予想できます。

今、噂されている車両販売価格は、3000万円近くになるのではと憶測が飛び交っているようです。

個人的な予想価格は、2500万円程度が妥当かと勝手に予想しています。

スポンサーリンク