トヨタ マークX特別仕様車ファイナルエディション発売へ!特別装備は?発売日は?

シェアする

トヨタ・マークX

TOYOTA MARK X

トヨタ自動車TOYOTA)が、マークⅡMARKⅡ)の後継車種として2004年から製造販売を行っているミドルサイズセダンマークXMARKX)が、生産終了となることは、クルマ好きの方ならご存知でしょう。

そんなマークXの消滅までのカウントダウンが開始されたようです。

なぜカウントダウンが開始されたかは、タイトルをご覧になってお分かりですよね。

今回は、トヨタマークXの最後の特別仕様車となるトヨタマークX特別仕様車ファイナルエディションTOYOTA MARKX 250S final Edition)についてご紹介させていただきたいと思います。


あわせて読みたいトヨタマークXの記事はコチラ

トヨタ・マークX トヨタ自動車(TOYOTA)が、2004年より製造販売を行っているDセグメントセダンのマークX(MARK ...
スポンサードリンク

マークXの歴史

初代マークX

初代マークX

こちらが、2004年にマークⅡの後継車種として誕生した初代マークXになります。

このクルマは、マークⅡ兄弟と言われたマークⅡ、チェイサークレスタヴェロッサを1台に集約し誕生することになったそうです。

エンジンは、当時のクラウンに搭載されていた「2.5L V6 DOHC D-4エンジン(4GR-FSE型)」、「3.0L V6 DOHC D-4エンジン( 3GR-FSE型 )」が搭載されていました。

このモデルは、2004年から2009年まで製造販売されていました。

2代目マークX

2代目マークX

こちらが、2009年にフルモデルチェンジされた2代目マークXになります。

初代マークX誕生から約5年目にフルモデルチェンジが行われ新型マークXが誕生しました。

CMには、佐藤浩市を起用し、クルマ自体のキャッチコピーは、「サムライXSAMURAI X)」が採用されていました。

エンジンは、初代からのGR系のV型6気筒を引き継ぎ、「2.5L V型6気筒 直噴DOHCエンジン(4GR-FSE型)」、「3.5L V型6気筒 直噴DOHCエンジン(2GR-FSE型)」を搭載しています。

このモデルは、2009年から現在も販売されており、生産終了まで販売されマークX最終型になるようです。

スポンサードリンク

マークX特別仕様車ファイナルエディション

概要

マークX特別仕様車ファイナルエディションは、250Sグレードをベース車両に特別装備を追加した最後の特別仕様車として開発され市場へ投入される予定になっています。

基本スペックは、ベース車両になりますが、エクステリアやインテリアの各所に特別な装備が装備されマークXとしての最後の幕引きとなるようです。

乗り換えは買取りがオススメ

営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いんです!

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました。

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら。

中古車売買Ancar(アンカー)中古車購入、査定

関連記事はコチラ❤


スポンサーリンク






シェアする

フォローする

スポンサーリンク