トヨタ 新型ハリアーの概要が判明!!

シェアする

トヨタ・ハリアー

「ハイグレードサルーンの乗り心地と心地よい性を供え持ったたクロスオーバーSUV」として製作され、1997年に初代モデルが売り出しされた。

「リッチクロスオーバーSUV」という新たなカテゴリーを開拓した先駆的モデルであり、後に世界中のメーカーから数多くの追随モデルが売り出しされる事となった。

日本国外では初代と2代目モデルが同社の「レクサス」ブランドにおいて「RX」として提供されていた。

国内においては2009年に売り出しされた3代目RXでレクサス店での取扱いに移行したが、その後も2代目モデルの2.4L車及びハイブリッド車が「ハリアー」ならびに「ハリアーハイブリッド」として継続して提供されていた。

その後、約一ヵ月の休売期間を経て3代目ハリアーにフルモデルチェンジされ、レクサスRXから分離・独立して日本国内専売車種となった。

スポンサードリンク

新型ハリアー簡易カタログ

TNGAによって生まれ変わった新型ハリアーのサイドビューと、初代から3代目までのハリアーの変遷が載っていますね。

都市型SUVのパイオニアとして生まれたハリアーでしたが、実際では各メーカー同じカテゴリーのSUVを作りまくっていますよね。

元祖はハリアーと言って大げさではないと考えます。

2代目ハリアーで終了して、その役割をレクサスRXへと受け継ぐ予定だったそうですが、国内提供店の強い申入れがあって作られたのが、3代目ハリアーでした。

3代目ハリアーは日本国内専門モデルとして提供されましたが、モデル末期でも未だに高評価は衰えず、CX-5やフォレスターなどよりも売れています。

プロジェクター式LEDヘッドランプの紹介や、上位評価Z以上にデフォルト装備される横長のハイマウントストップランプなどの紹介があります。

上位評価Zにデフォルト装備となる19インチタイヤ&アルミホイールですが、高輝度シルバーペインティングされており、プレーンながらしとやかな造形ですね。

スポンサードリンク

エクステリア

先代ハリアーまでは18インチが最大だったので、今回は19インチまで用意されており、足元も力強く主張するようになりました。

中間グレードのGでは18インチアルミホイールになります。

ベースグレードSだと17インチアルミホイールになります。

上位グレードに比べると、メッキパーツが無くなっていたり、フォグがなかったり、見栄えはシンプルになります。

ヘッドランプもアダプティブハイビームシステムが無い、3灯式LEDヘッドランプ(マニュアルレベリング)になります。

乗り換えは買取りがオススメ

営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いんです!

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました。

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら。

中古車売買Ancar(アンカー)中古車購入、査定

関連記事はコチラ❤


スポンサーリンク






シェアする

フォローする

スポンサーリンク