トヨタ アクアがフルモデルチェンジ前に一部改良と特別仕様車発売へ!!

シェアする

トヨタ・アクア

トヨタ自動車TOYOTA)が、2011年12月より製造販売を行っている大人気ハイブリッドカーアクアAQUA)が、間もなくフルモデルチェンジ新型アクアNEW AQUA)が誕生しようとしている中、近い内に、一部改良マイナーチェンジ)が実施されるようです。

また、今回の一部改良と同時に、特別仕様車が新たにラインナップに追加されるようです。

スポンサードリンク

アクアの売れ行き

2011年の発売以来、新車販売台数で上位に位置づけていたアクアですが、2016年にはトップの座から引きずり降ろされてしまいました。

しかし、販売から約7年経ち2度のマイナーチェンジを実施し、常にトヨタらしい新鮮さを保ちながら好調な販売実績を積み上げています。

ここで、2019年1月時点のアクアの新車販売実績をご紹介しましょう。

トヨタアクア:8,875台(前年同月比:116.4%)

トヨタプリウス:7,260台(前年同月比:109.0%)

日産ノートe-POWER:8,049台(前年同月比:89.3%)

ホンダフィットハイブリッド:2,909台(前年同月比:81.9%)

上記の販売実績を見ると一目瞭然ですが、アクアの売れ行きは好調ですね。

スポンサードリンク

新型アクアのエクステリア(予想)

今から約5年前に開催された東京モーターショーで近未来型アクアとして、トヨタ自動車東日本が出店したアクアの派生モデル「プレミアクア」のようなエクステリアへと進化すると噂されているようです。

フロントグリルは、スピンドルグリルになり、ヘッドライトデザインは、カローラスポーツのようにスポーティなデザインになっていますね。

しかし、この車両が出展されてから5年もの月日が経過しているので、全く違うデザインになっているかもしれませんね。

乗り換えは買取りがオススメ

営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いんです!

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました。

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら。

中古車売買Ancar(アンカー)中古車購入、査定

関連記事はコチラ❤


スポンサーリンク






シェアする

フォローする

スポンサーリンク