スバル 歴代の名車(旧車)をまとめてみた(1970-1975)

シェアする

スバル1970年~1975年

今回も前回に引き続き、スバルの名車をまとめてご紹介したいと思います。

前回は、株式会社スバルSUBARU)【旧富士重工】の創業者や創業時のヒストリーなどをご紹介させて頂きました。

また、スバル360スバルマイアサンバートラックなどのクルマについても掲載させて頂きました。

前回の記事をご覧になっていいない方や、改めてご覧になる方は、下記よりアクセスしてくださいね。

スバルとは 株式会社スバル 株式会社スバル(SUBARU)は、1917年(大正6年)に、中島知久平氏によって、群馬県で創業し...
スポンサードリンク

スバル・ff-1 1300G

ff-1 1300G

こちらが、1970年に誕生したスバルff-1になります。

このクルマは、スバル1000の後継車種として誕生しました。

パワートレインには、水平対向4気筒1267ccエンジンを搭載し、最高速度は、時速170kmで走行できる高性能セダンとして市場へ投入されました。

当時の乗用車では、クラス最高水準のセダン車として注目されていたようです。

スポンサードリンク

スバル・レオーネクーペ1400

Subaru Leone

こちらが、1971年に誕生したスバルレオーネクーペ1400になります。

このクルマは、当時の大衆車の多様化や個性化、更に高級化に対応して、造られ、ウェッジシェイプのエクステリアとラグジュアリー感あふれるインテリアを備えスポーティなクルマとして注目されていました。

また、パワートレインには、ff-1から継承した水平対向4気筒エンジンを搭載しらFF方式を採用していました。

高トルク型の1400ccのエンジンを新開発し、高速道路での高速走行はもちろん、低速走行でもフレキシブルな性能を発揮していました。

スポンサーリンク