スバル 歴代の名車(旧車)をまとめてみた(1970-1975)

シェアする

スバル1970年~1975年

今回も前回に引き続き、スバルの名車をまとめてご紹介したいと思います。

前回は、株式会社スバルSUBARU)【旧富士重工】の創業者や創業時のヒストリーなどをご紹介させて頂きました。

また、スバル360スバルマイアサンバートラックなどのクルマについても掲載させて頂きました。

前回の記事をご覧になっていいない方や、改めてご覧になる方は、下記よりアクセスしてくださいね。

スバルとは 株式会社スバル 株式会社スバル(SUBARU)は、1917年(大正6年)に、中島知久平氏によって、群馬県で創業し...
スポンサードリンク

スバル・ff-1 1300G

ff-1 1300G

こちらが、1970年に誕生したスバルff-1になります。

このクルマは、スバル1000の後継車種として誕生しました。

パワートレインには、水平対向4気筒1267ccエンジンを搭載し、最高速度は、時速170kmで走行できる高性能セダンとして市場へ投入されました。

当時の乗用車では、クラス最高水準のセダン車として注目されていたようです。

スポンサードリンク

スバル・レオーネクーペ1400

Subaru Leone

こちらが、1971年に誕生したスバルレオーネクーペ1400になります。

このクルマは、当時の大衆車の多様化や個性化、更に高級化に対応して、造られ、ウェッジシェイプのエクステリアとラグジュアリー感あふれるインテリアを備えスポーティなクルマとして注目されていました。

また、パワートレインには、ff-1から継承した水平対向4気筒エンジンを搭載しらFF方式を採用していました。

高トルク型の1400ccのエンジンを新開発し、高速道路での高速走行はもちろん、低速走行でもフレキシブルな性能を発揮していました。

乗り換えは買取りがオススメ

営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いんです!

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました。

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら。

中古車売買Ancar(アンカー)中古車購入、査定

関連記事はコチラ❤


スポンサーリンク






シェアする

フォローする

スポンサーリンク