日産 2代目リーフが改良され新型リーフe+が誕生!改良点は?発売日は?価格は?

シェアする

インテリア

日産リーフの室内広がりは、後席の乗員にもゆとりのスペースを用意。

そして電気自動車ならではの静かなパワートレインに加えて、ボディの随所に遮音・吸音対策を実施。

風切り音の生じてを極力食い止める空力設計などにより、別次元の静粛性を発揮。

スポンサードリンク

航続距離は?

新型リーフe+の航続距離が、どの程度改良されたのか気になる方が多いと思いますのでご紹介しますね。

ぜひ、下記の数値で比較してみてくださいね。

従来モデルの40kwhバッテリー搭載車

WLTCモード:322km

JC08モード:400km

急速充電時間:約40分

最新モデルの62kwhバッテリー搭載車

WLTCモード:458km

JC08モード:570km

急速充電時間:約60分

スポンサードリンク

車両販売価格

グレード:e+ X

車両価格:4,162,320円

グレード:e+ G

車両価格:4,729,320円

関連記事はコチラ❤


スポンサーリンク






シェアする

フォローする

スポンサーリンク