日産 2代目リーフが改良され新型リーフe+が誕生!改良点は?発売日は?価格は?

シェアする

日産・リーフe+

日産自動車NISSAN)が、2010年より製造販売を行っている5ドアハッチバックタイプの電気自動車EV)が、最新技術を駆使したモデルが、誕生します。

その名も、日産・リーフe+NISSAN・LEAFe+)です。

リーフ(LEAF)は、現在販売されているモデルは、2代目になります。

2017年にフルモデルチェンジされ、次世代のクルマとして大注目されています。

カルロスゴーンの過少申告疑惑が解決していない中で、発表されたのがこのクルマになります。

今回は、みなさんが気になるリーフe+についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

リーフの歴史

初代リーフ

こちらが、2010年12月に発売が開始された初代リーフになります。

発売当初は、日本アメリカの2カ国で販売が開始され、その後、イギリスでも販売が開始されました。

環境燃費性能などが世界的に注目され話題となったクルマですね。

車名の由来は、英語で葉っぱを意味する「leaf」が由来となっているそうです。

理由としては、汚れた大気を植物の葉っぱが浄化することから車名として採用されたようです。

2代目リーフ

こちらが、2017年にフルモデルチェンジされ生まれ変わった2代目リーフになります。

日本車で初めて、自動駐車システムを搭載し、アクセル、ブレーキ、ハンドル・シフト、パーキングブレーキを自動的に制御する「プロパイロット パーキング」で話題となりました。

スポンサードリンク

エクステリア

たいせつな人たちの笑顔とチャットがはずむ、ゆとりの室内ゆとりスペース。

それを包み込む、流れるようなボディライン。

洗練されたエアロダイナミクスと低焦点プロポーションが空気抵抗を抑えて、ゆとりの航続距離に貢献するとともに、高度な走行安定性と風切り音の少ない静かな走りを実現。

この輪郭には、乗員すべてが心地よいにドライブを満喫できるパフォーマンスと美しさが結集されている。

乗り換えは買取りがオススメ

営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いんです!

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました。

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら。

中古車売買Ancar(アンカー)中古車購入、査定

関連記事はコチラ❤


スポンサーリンク






シェアする

フォローする

スポンサーリンク