日産 新型GT-R2020年モデルが誕生!詳細は?価格は?

シェアする

日産・GT-R

日産自動車が、2007年から製造販売を行っているニッチバッククーペタイプのスポーツカーであるGT-Rが、2020年モデル(令和2年モデル)の詳細が判明したのでご紹介したいと思います。

GT-Rは、国内モデル、海外モデル問わず、日本の栃木県にある工場で生産されています。

元々は、スカイラインGT-Rの後継車種として誕生したのがキッカケになっています。

スポンサードリンク

歴代GT-R

GT-Rコンセプト

こちらが、2001年に開催された東京モーターショーで世界初公開されたGT-Rコンセプトになります。

当時のプレス発表では、今世間を賑わせているカルロスゴーンにより、新型GT-Rの開発が発表されました。

GT-R 2007年モデル

こちらが、2007年(平成19年)に開催された東京モーターショーで、初公開された量産型GT-Rになります。

このモデルは、2007年12月6日より日本で発売が開始され、GT-Rでは初めて左ハンドル仕様のクルマが全世界で販売されました。

GT-R 2011年モデル

初代GT-Rが誕生してから3年後には、2011年モデルが公式発表されました。

エンジンを中心としたメカニズムと空力性能を含む内外装意匠が改良されて新グレード「clubtrackedition(クラブトラックエディション)」と「egoist(エゴイスト)」が、新たに追加されて日本で11月17日からリリースされました。

GT-R NISMO

日産が「日産とニスモが生み出すパフォーマンスモデルの頂点」に位置づける。

レース活動での知見を生かしたモデルで、2013年11月19日に2014年モデルと合わせて公表され、2014年2月末から提供が開始された。

公表時点で世の中の「量産市販車」のうち、ニュルブルクリンク北コースの最速ラップタイムを記録している。

スポンサードリンク

新型GT-R 2020モデル

グレード・価格

ピュアエディション(Pure Edition):10,631,520円

ブラックエディション(Black Edition):12,539,880円

プレミアムエディション(Premium Edition):12,105,720円

スポンサードリンク

車両スペック

サイズ

全長:4710mm

全幅:1895mm

全高:1370mm

ホイールベース:2780mm

車両重量:1760kg

パワートレイン・燃費

エンジン:V型6気筒DOHCツインターボエンジン

排気量:3799cc

最高出力:419kw 570ps 6800rpm

最大トルク:637N・m 65.0kg-m 3300-5800rpm

トランスミッション:6速DCT

燃費:7.8km/L(WLTCモード)

足周り

サスペンション:ダブルウィッシュボーン・マルチリンク

タイヤサイズ:255/40ZRF20(前)、285/35ZRF20(後)

関連記事はコチラ❤


スポンサーリンク






シェアする

フォローする

スポンサーリンク