ダイハツ 新型タント&新型タントカスタム誕生!特別グレードもあり!?

シェアする

ダイハツ・タント

ダイハツ工業DAIHATSU)は、軽乗用車「タント」「タントカスタム」および軽福祉車両「タントスローパー」「タントウェルカムシートリフト」をフルモデルチェンジし、新型タント新型タントカスタムを発売するとともに、福祉車両には「タントウェルカムターンシート」を新設定し、全国一斉にリリースする。

スポンサードリンク

タントの概要

タントは2003年のリリース以来、圧倒的な室内スペースの大きさとユーザビリティーの良さにより、スーパーハイト系という新しい市場を開拓しました。

2代目では軽自動車初のピラーインドア「ミラクルオープンドア」を実現、2013年に売り出しした3代目では両側パワースライドドアを採用し、広範な世代からご好評いただいてきた、ダイハツのメイン車種である。

スポンサードリンク

新型タントコンセプト

4代目タントは、「新時代のライフパートナー」をキーワードに、すべての世代の顧客のニーズにお応えする、良品廉価なアイテムとした。

タントならではの室内広がりの大きさに加え、「ミラクルオープンドア」を生かした新しい使い方「ミラクルウォークスルーパッケージ」を実現し、ユーザビリティーの良さをしかも向上。

しかも「来るべき時代のスマートアシスト」として、満喫した先進・確か装備を採用するなど、全方位で大幅にパフォーマンスと性能が向上しました。

新型タントは、ダイハツの新世代のクルマづくり「DNGADaihatsu New Global Architecture)」による第一弾アイテムである。

サスペンションや骨格の部品配置をゼロ土台で再構築したプラットフォームを新たに開発。

世界初となるスプリットギヤを用いた新技術を採用した新CVTや大幅改良したエンジンなどのパワートレーンを含め、すべての機構を作り変えた事で、「走る」「曲がる」「止まる」といったベース性能を大幅に向上させた。

スポンサーリンク