三菱 東京オートサロン2019に出展される車が判明!噂のあの車か!?

シェアする

三菱自動車工業の歴史

三菱自動車工業株式会社三菱自動車)は、第二次世界大戦以前より、自動車を生産しており、日本国内で最も古い歴史がある自動車メーカーになります。

現在の三菱自動車(MITSUBISHI)は、1970年に三菱重工より独立しました。

また、全世界の自動車メーカーの中で、最も早く電気自動車EV)の量産化に成功した企業でもあります。

スポンサードリンク

東京オートサロン2019

イベント概要

名称:TOKYO AUTO SALON 2019(東京オートサロン2019

開催日:2019年1月11日(金)、12日(土)、13日(日)

開催場所:幕張メッセ(日本コンベンションセンター)

主催者:東京オートサロン実行委員会

スポンサードリンク

東京オートサロンへの行き方

アクセスマップ

電車での行き方

JR京葉線
東京駅 ←→ 海浜幕張駅(徒歩5分)
所要時間:約30分

JR総武線
秋葉原駅 ←→ 幕張本郷駅(バス15分)
所要時間:約40分

※総武線快速をご利用の場合は、津田沼駅で各駅停車にお乗り換えください。

高速バスでの行き方

羽田空港 ←→ 幕張メッセ中央 ※幕張メッセ 中央エントランス下1階部分
所要時間:約42~54分(10~40分おきに運行 運賃1,150円)

成田空港 ←→ 幕張メッセ ※幕張メッセ 中央エントランス下1階部分
所要時間:約40分(1時間に約1本運行 運賃900円)

横浜駅(YCAT)←→ 幕張メッセ中央 ※幕張メッセ 中央エントランス下1階部分
所要時間:約70分(運賃1,550円)

東京駅 ←→ 幕張メッセ中央 ※幕張メッセ 中央エントランス下1階部分
所要時間:約50分(平和交通・あすかバス 運賃800円/京成バス 運賃820円)

乗り換えは買取りがオススメ

営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いんです!

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました。

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら。

中古車売買Ancar(アンカー)中古車購入、査定

関連記事はコチラ❤


スポンサーリンク






シェアする

フォローする

スポンサーリンク