レクサス LX570がマイナーチェンジ(一部改良)で新型レクサスLX570が誕生!発売日は?

シェアする

第2世代 Lexus Safety System+A

歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)

ミリ波レーダーとカメラを用いて前方の車両や歩行者(「夜間歩行者」「自転車運転者」を新たに検知対象として付け足し)を検知し、警報、ブレーキアシスト、自動ブレーキで衝突回避支援およびトラブル低減を起案する。

自動ブレーキは、歩行者に反対には約10〜80km/hの速度域で作動し、例を挙げると、歩行者との速度差が30km/hの時には、約30km/h減速し、衝突回避を支援。

その上、車両にそれに対しは、約10km/h〜最高速のいろいろな速度域で作動し、一例を挙げれば、停止車両に対し自車の速度が40km/hの時には約40km/hの減速ができる。

レーンディパーチャーアラート(LDA)

カメラによって走行車線の白線や黄線を認識し、車線逸脱の確率を検知した事例にはブザーとディスプレイ表示、およびステアリングの振動でドライバーに警報を出す事で、車線逸脱による衝突事故の回避を支援。

さらに、電動パワーステアリングを制御し、車線内走行をしやすいようにドライバーのステアリング操作をアフターケアする「レーンキーピングアシスト」(LKA)を車両に内蔵する。

オートマチックハイビーム(AHB)

カメラによって対向車のヘッドランプ、または先行車のテールランプを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替える事で、他の車両のドライバーの眩惑を軽減するとともに、夜間の前方視野確保を支援します。

レーダークルーズコントロール

先行車との車間距離の検知にミリ波レーダーを使用し、設定車速内で先行車の車速にマッチして速度を調節する事で一定の車間距離を保ちながら追従走行可能なレーダークルーズコントロールを採用。

前方車両の車線調整をミリ波レーダーとカメラで検知し、よりスムーズな加減速制御を実現します。

レーントレーシングアシスト(LTA)

ドライバーの負担軽減・利便性向上等のため、レーントレーシングアシスト(LTA)を採用。

レーダークルーズコントロール使用時に、同一車線内中央を走行可能なよう、ドライバーのステアリング操作をアシストします。

ロードサインアシスト(RSA)

カメラが主要な道路標識を読み取り、インストルメントパネル内に表示制限速度や一時停止、立入り禁止、はみ出し禁止などの交通規制の見落とし和らげるに寄与し、安心運転をバックアップします。

スポンサードリンク

新型レクサスLXのボディカラー

ソニックチタニウム (1J7)

ソニックチタニウム (1J7)

ソニッククォーツ (085)

ソニッククォーツ (085)

マーキュリーグレーマイカ (1H9)

マーキュリーグレーマイカ (1H9)

ブラック (202)

ブラック (202)

スターライトブラックガラスフレーク (217)

スターライトブラックガラスフレーク (217)

スリークエクリュメタリック (4U7)

スリークエクリュメタリック (4U7)

ディープブルーマイカ (8X5)

ディープブルーマイカ (8X5)
スポンサードリンク

予想スペック

スペック新型 LEXUS LX570
全長5,080mm
全幅1,980mm
全高1,910mm
ホイールベース2,850mm
エンジン5.7L V型8気筒エンジン
最高出力277kW (377ps) / 5,600rpm
最大トルク534Nm (54.5kgm) / 3,200rpm
駆動方式4WD
トランスミッション8速AT
(Drive Mode Select”機構付き)
JC08モード燃費6.5km/L
スポンサードリンク

発売時期

新型レクサスLX570の発売時期は、2019年8月頃になるようです。

早ければ、4月頃には具体的な情報が得られそうです。

最新情報を入手しましたら、続報としてお伝えしますね。

関連記事はコチラ❤


スポンサーリンク






シェアする

フォローする

スポンサーリンク