レクサス 新型LM300h・新型LM350を発売か!?エクステリアは?スペックは?

シェアする

レクサス・LM300h/LM350

トヨタ自動車TOYOTA)のラグジュアリーブランドであるレクサスLEXUS)から、待望のミニバンが発売されるという情報を入手しました。

エクステリアから見ると、ベース車両は30系アルファードになるようです。

フロントグリルには、レクサスの代名詞でもあるスピンドルグリルが装着されています。

また、フロントエンブレムも、レクサスマークになっているのが確認できますね。

現在、レクサスより発売されている車両で、7人乗り仕様があるのは、レクサスLXLEXUS LX)、レクサスRX450LLEXUS RX450L)のみとなっています。

日本国内のファミリー層や海外のVIPの送迎車としては、アルファードALPHARD)やヴェルファイアVELLFIRE)が大人気ですね。

スポンサードリンク

レクサスLMの車両スペック

全長:4,935mm

全幅:1,850mm

全高:1,950mm

ホイールベース:3,000mm

車両重量:2,110~2,650mm

乗車定員:7人乗り

スポンサードリンク


レクサスLMのパワートレイン

LM300h


A25A-FXS

レクサスLM300hには、2.5Lハイブリッドエンジンを搭載するのではないでしょうか。

新開発のハイブリッドシステムを搭載し、優れた動力性能と低燃費を実現し、約24km/L程度になると想定されます。

LM350

V6 3.5L 2GR-FKS Dual VVT-i(吸気側VVT-iW)

また、レクサスLM350には、3.5L直列6気筒エンジン又は、2.5L直列4気筒ターボエンジンが搭載される可能性が高いようです。

乗り換えは買取りがオススメ

営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いんです!

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました。

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら。

中古車売買Ancar(アンカー)中古車購入、査定

関連記事はコチラ❤


スポンサーリンク






シェアする

フォローする

スポンサーリンク