レクサス 新型レクサスRXの見積書最速公開!支払いシュミレーション有り

シェアする

レクサス・RX

トヨタ自動車TOYOTA)のラグジュアリーブランドであるレクサス(LEXUS)が、製造販売を行っている大人気ラグジュアリーSUVレクサスRXLEXUS RX)が、2019年にマイナーチェンジされます。

今回は、新型レクサスRXの概要、価格シュミレーション、スケジュールについてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

エクステリア

フロントバンパーからドアサイドまでキャラクターラインに連続性を持たせる事で、勢いのあるサイドビューとしました。

その上、サイドのドア下のロッカー形状からフロントグリル下端までがひと繋がりに抜けていくような造形のバンパー下端部でグリルを支持するような感触を付与し、力強さと安定感を表現しました。

スピンドルグリルにはL字題材のブロックメッシュパターンを採用。

LEXUSSUV独自の記号性を持たせるとともに、メッシュグリルに抑揚をつけ、中心部に向けて押し出しのある立体造形とする事で、バンパーサイドとの一体感を表現しました。

なお、グリルのフレームをバンパーサイドからの流れに呼応する形状とし、サイドから見ても一体感のある意匠にしました。

ヘッドランプはユニットの形状を今まで型より小型化する事でシャープなフィーリングを持たせたほか、リヤコンビネーションランプは、上方にL字を4つ重ねた題材を配置し、下部はその題材を反転させた造形とする事で、LEXUSとしてのアイデンティティを際立たせました。

リヤビューはリヤバンパーサイドからバンパーの下側に繋がるラインと、リヤピラー下端のウィンドウグラフィックをマッチして車両後方へ抜ける造形とする事で、上品さを付与。

なおバンパー下端のマフラー、アンダーガードなどの部品を水平メインカラーの意匠とし、ワイド感を強調しました。

スポンサードリンク

インテリア

内装では室内装飾色に「オーカー」「ホワイトアッシュ」「フレア赤(“FSPORT”専門)」の3色を新規設定されました。

しかも、スマートフォンなどの充電用となるUSB端子をフロント2か所、リア2か所の計4個据え付けし、フロント側には「スマートフォンボックス」を付け足ししている。

オーカー(新色)

ホワイトアッシュ

フレアレッド(Fスポーツ専用色)

タッチディスプレイ

「AppleCarPlay」「AndroidAuto」といったスマートフォン協力パフォーマンスを備える横長のタッチディスプレイをセンターコンソールに新設。

関連記事はコチラ❤


スポンサーリンク






シェアする

フォローする

スポンサーリンク