レクサス レクサスESがフルモデルチェンジし新型レクサスES最速レビュー

シェアする

LEXUS・ES

TOYOTAトヨタ自動車)の高級ブランドであるLEXUSレクサス)が、1989年より製造販売を行っているラグジュアリーセダンのLEXUS ESレクサスES)が、フルモデルチェンジされ、新型LEXUS ES(新型レクサスES)として、日本での販売を復活させるようです。

初代レクサスESから6代目レクサスESまでは、日本未発売モデルでした。

2代目レクサスES以降のモデルについては、トヨタカローラ店で販売されていたウィンダムWINDOM)として、日本では販売されていました。

レクサスESは、日本での販売は、今回の7代目レクサスESが、日本デビューとなります。

スポンサードリンク

歴代レクサスES

初代レクサスES

こちらが、初代レクサスESになります。

日本では、カムリプロミネントとして販売されいました。

このモデルは、1989年にデビューし、1991年まで製造販売されていました。

2代目レクサスES

こちらが、2代目レクサスESになります。

日本では、ウィンダムとして販売されていました。

このモデルは、1991年にフルモデルチェンジされ、1996年まで製造販売されていました。

3代目レクサスES

こちらが、3代目レクサスESになります。

このモデルは、1996年にフルモデルチェンジされ、2001年まで製造販売されていました。

4代目レクサスES

こちらが、4代目レクサスESになります。

このモデルは、2001年にフルモデルチェンジされ、2006年まで製造販売されていました。

5代目レクサスES

こちらが、5代目レクサスESになります。

このモデルは、2006年にフルモデルチェンジされ、2012年まで製造販売されていました。

6代目レクサスES

こちらが、6代目レクサスESになります。

このモデルは、2012年にフルモデルチェンジされ、2018年現在も製造販売されています。

スポンサードリンク

新型レクサスES

概要

7代目レクサスES(新型レクサスES)は、2018年4月25日に、中国(China)の北京で開催された北京モーターショー2018にて、世界初公開されました。

開発テーマ

新型ESは、これまで世界中でご愛顧頂いてきたお客様の期待を超えるため、ESの原点と言える「上質な快適性」をさらに進化させました。

また、新世代LEXUSとして、デザインや走りも大きな変革を遂げています。

乗り換えは買取りがオススメ

営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いんです!

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました。

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら。

中古車売買Ancar(アンカー)中古車購入、査定

関連記事はコチラ❤


スポンサーリンク






シェアする

フォローする

スポンサーリンク