レクサス レクサスESがフルモデルチェンジし新型レクサスES最速レビュー

シェアする

LEXUS・ES

TOYOTAトヨタ自動車)の高級ブランドであるLEXUSレクサス)が、1989年より製造販売を行っているラグジュアリーセダンのLEXUS ESレクサスES)が、フルモデルチェンジされ、新型LEXUS ES(新型レクサスES)として、日本での販売を復活させるようです。

初代レクサスESから6代目レクサスESまでは、日本未発売モデルでした。

2代目レクサスES以降のモデルについては、トヨタカローラ店で販売されていたウィンダムWINDOM)として、日本では販売されていました。

レクサスESは、日本での販売は、今回の7代目レクサスESが、日本デビューとなります。

スポンサードリンク

歴代レクサスES

初代レクサスES

こちらが、初代レクサスESになります。

日本では、カムリプロミネントとして販売されいました。

このモデルは、1989年にデビューし、1991年まで製造販売されていました。

2代目レクサスES

こちらが、2代目レクサスESになります。

日本では、ウィンダムとして販売されていました。

このモデルは、1991年にフルモデルチェンジされ、1996年まで製造販売されていました。

3代目レクサスES

こちらが、3代目レクサスESになります。

このモデルは、1996年にフルモデルチェンジされ、2001年まで製造販売されていました。

4代目レクサスES

こちらが、4代目レクサスESになります。

このモデルは、2001年にフルモデルチェンジされ、2006年まで製造販売されていました。

5代目レクサスES

こちらが、5代目レクサスESになります。

このモデルは、2006年にフルモデルチェンジされ、2012年まで製造販売されていました。

6代目レクサスES

こちらが、6代目レクサスESになります。

このモデルは、2012年にフルモデルチェンジされ、2018年現在も製造販売されています。

スポンサードリンク

新型レクサスES

概要

7代目レクサスES(新型レクサスES)は、2018年4月25日に、中国(China)の北京で開催された北京モーターショー2018にて、世界初公開されました。

開発テーマ

新型ESは、これまで世界中でご愛顧頂いてきたお客様の期待を超えるため、ESの原点と言える「上質な快適性」をさらに進化させました。

また、新世代LEXUSとして、デザインや走りも大きな変革を遂げています。

スポンサーリンク