ホンダ 新型インサイトが4年ぶりにフルモデルチェンジされ発売!発売日は?

シェアする

HONDA・INSIGHT

HONDAホンダ)が、1999年に近未来自動車として開発したハイブリッドカーインサイトINSIGHT)が、2014年に生産終了してから約4年が経過しました。

当時は、トヨタ自動車TOYOTA)のハイブリッドカープリウスPRIUS)に圧倒的な差をつけられ販売台数が伸びまやんでしまい苦戦していました。

近年では、ガソリン価格の高騰や環境への関心などからハイブリッドカーの需要が大幅に伸びてきています。

そんな中、ホンダが4年の沈黙を破り、インサイトをフルモデルチェンジし、新型インサイトの発売に踏み切るようです。

スポンサードリンク

エクステリア

フロントビュー

シンプルかつ緻密なデザイン

質感高いフロントグリル

サイドビュー

張りのある面でつくる、力強く艶やかなサイドボディー

リアビュー

ルーフラインから流れるようなデザイン

コンビネーションランプも印象的なリアフォルム

ホイール

立体感のあるデザインと、空力性能を両立したアルミホイール

スポンサードリンク

インテリア

コックピット

質感の高さと、先進的な操作性を両立したドライバーズ空間

メーター

TFT液晶ディスプレーに、パワー/チャージ

安全支援情報など、多彩な情報を表示

シフト

スマートな操作感を実現する、電子制御のギアセレクター

シート

サイドに厚みをもたせ、包み込むような座り心地

肌触りにもこだわったシート

助手席パッド

丁寧なステッチラインを施した、手張りのソフトパッド

スポンサードリンク

先進安全装備

Honda SENSING

レーダーとカメラを融合した先進の安心運転支援仕組み「HondaSENSING」。

衝突低減ブレーキ〈CMBS〉、歩行者事故軽減ステアリング等に加えて、後方誤発進抑制性能、オートハイビームを装備。

より心配無用・心地よいなドライブをアフターケアします。

乗り換えは買取りがオススメ

営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いんです!

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました。

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら。

中古車売買Ancar(アンカー)中古車購入、査定

関連記事はコチラ❤


スポンサーリンク






シェアする

フォローする

スポンサーリンク