ダイハツ 新型タントが誕生!6年ぶりにフルモデルチェンジ!

シェアする

ダイハツ・タント

右=カスタム RSターボ   左=Xターボ

ダイハツ工業DAIHATSU)が、2019年7月に新型がリリースされるって事がアナウンスされたばかりの「ダイハツタント」だけども、コレ、か・な・り!の肝煎りカーです。

見込みしといてゼッタイ損ナシだから、覚えといてくれと思う。

どんだけ肝煎りかというと、同社においてプラットフォームの刷新は実に17年ぶり、ターボ刷新による新エンジンの採用は14年ぶり、加えて新製作のCVTは13年ぶりとなり、驚いたことにこの3つが併せて行われるのは同社創業110年の歴史的初めて!だというんだから、大騒ぎも致し方ない。

スポンサードリンク

DNGAを初採用

DNGAプラットフォーム

DNGAプラットフォームは軽自動車用に設計したものではなく、A・Bセグメントの小柄カーとも共通して使用可能な事を目標にしている。

具体的にはエンジンやサスペンションの設置位置、シャシー部の骨格の配置、着座位置などが共通化され、今後リリースされるすべての新型車はDNGAの設計思想に基づいて製作を行なうという(100%同じにするわけではない)。

 そして、こうした一括企画製作を行なう事で軽自動車から小柄カーまでの部品供用率が75%以上となるので、新型車の投下ペースは約1.5倍にスピードアップされるとの事。

このようなフットワークのよさを生かし、ダイハツは2025年までに15ボディタイプ、21車種に展開していく計画を立てている。

スポンサードリンク

旧型・新型比較

標準モデル

カスタムモデル

乗り換えは買取りがオススメ

営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いんです!

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました。

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら。

中古車売買Ancar(アンカー)中古車購入、査定

関連記事はコチラ❤


スポンサーリンク






シェアする

フォローする

スポンサーリンク