メルセデスベンツ 新型GLS誕生!!最高級SUVの3代目GLS最高!

シェアする

メルセデス・ベンツGLS

メルセデス・ベンツは、SUVラインナップの頂点に立つ新型「GLS」を公表した。

3世代目へと発展した「GLS」は先代モデルと対比して全長が77mm、全幅が22mm、ホイール土台が60mmも拡大。

メルセデス製SUVのなかで、最もラグジュアリーで最も広大な住まうスペースを持つモデルとなった。

まさしくSUVのSクラスと呼ぶに相応しい車格と言って差し支えないだろう。

初のSUVモデルとなるMクラスが売り出しされた1997年以来、メルセデス・ベンツは米国・アラバマ州タスカルーサでラグジュアリーSUVを製造してきた。

「GLS」の初代モデルに当たる7人乗りのGLクラスが登場したのは2006年。

2015年には2代目に進歩し、モデル名を「GLS」に改変した。

2006年の売り出し以来、メルセデス製7人乗りSUVは55万台以上を提供してきた実績を持つ。

スポンサードリンク

エクステリア

エクステリアはエッジの張った最先端メルセデス製SUVのデザインを踏襲。

全長5207mm、全幅1956mmというゆとりのあるボディサイズや、ほぼ垂直に立ったフロントウィンドウ、連続したサイドウィンドウのガラス面により、シックでありながらも古典的な大型フルサイズSUVのポイントを供え持っている。

足元にはAMGラインの最大限直径の23インチのアルミホイールも提供。

SUVらしい大型グリルを準備たフロントフェイスは、合計112個のLEDを準備た複数ービームLEDヘッドランプを装備した。

堂々たるボディサイズのハイグレードSUVセグメントにも関わらず、新型「GLS」は0.32という低いCD値を成し遂げる。

先代のCD値0.35と対比すると、いかに空気抵抗が削減されたか分かるだろう。

この優れた空力特性により、支出燃料の削減や騒音の軽減が実現している。

空力についての製作は、ドイツ・ジンデルフィンゲンの風洞施設で行われており、意匠や住まう性を確保しながらも、適切な空力レベルに最適化された。

スポンサードリンク

最高の装備と機能

内装に目を移すと、デフォルトで皮革シートを採用。

SUVらしい力強いディテールを準備ながらも、メルセデスのラグジュアリーサルーンと同じエッセンスで室内空間になっている。

今度のハイライトとなるのは、ダッシュボードに装備さられたインパクトのあるスクリーンユニットだろう。

大型タッチスクリーンはMBUXインフォテインメントシステムを装備しており、すべての心地よい装備をドライバーズシートから操作する事が可能だ。

先代モデルと対比しホイールベースが60mm長くなった事で(3135mm)、居住性は大幅に向上している。

3列目シートは身長194cmの人物が気持ちが良いにくつろげるスペースを確保した。

すべてのシートがフル電動アジャスタブルになっており、使い道に当てはめて多彩なシートアレンジを楽しむ事が可能だ。

2列目シートは前後10cmのスライドができるので、最後尾に位置にする事でレッグスペースは87mmも増加した。

イージーエントリー機能も採用しており、3列目シートへのアクセスは格段に向上した。

2列目シートを折りたたみ、3列目シートをフロア下に保管する事で、ラゲッジスペースは最大限で2400リッターという容量を実現した。

加えて、採り上げるの初めて2列目シートにセパレートシートを採用した6人乗り仕様も登場している。

関連記事はコチラ❤


スポンサーリンク






シェアする

フォローする

スポンサーリンク