【クルマ購入】消費税が10%になる前に新車購入した方がいいのか?いつ買うの?

シェアする

消費税アップの前に自動車購入せよ

現在の消費税は、8%となっています。

ところが、2019年10月1日より消費税が増税され、10%へと引き上げられてしまいます。

生活用品などを購入する場合は、買いだめをして対応することが多いと思います。

しかし、生活用品の価格は基本的に安価なものが多いですよね。

クルマはどうでしょうか?

一般的な自動車であれば、200万円から300万円という高額商品になりますね。

お金に余裕のある方には余り関係ないかもしれませんが、消費税が増税されたら、200万円で20万円、300万円で30万円もの税金を納めなければなりませんよね。

たかが、2%アップじゃないかと言う方もいるかもしれませんが、高額になるほど税金の差が大きくなります。

クルマを購入するということは、カー用品も購入しなければなりませんよね。

2%分の税金が浮いた場合、ちょっとしたカー用品の購入資金に回すことができますね。

スポンサードリンク

新車購入のタイミング

アメリカのように、店頭販売している在庫車を購入し、その場で乗って帰れるならいいのですが、日本の場合は、そのまま乗って帰るのは難しいですよね。

日本では、契約から納車までの期間が非常に長くなってしまう傾向にあります。

新車購入したクルマに消費税が課税されるタイミングは、初度登録が完了した時点で課税されます。

結論を言いますと、2019年9月中に初度登録が完了していなければ、10%の消費税が課税されてしまうわけです。

初度登録が10月以降になった場合、支払額が増額されてしまい、ローン(割賦)で購入された方は、頭金か割賦元金に上乗せするしかないのです。

割賦元金の増額をした場合は、ローン会社(信販会社)に再審査してもらわなければなりません。

スポンサードリンク

増税のタイミングでのリスク

増税のタイミングで、自動車(クルマ)を購入される場合のリスクは、前述でお伝えしたお金の問題だけではありません。

現在までに、消費税の増税が何度かありましたよね。

みなさんは、少しでも安く買い、得をしたいという思いを持っています。

関西地方にお住まいの方は、特にお金に関してはシビアな考え方を持っているといえるでしょう。

ということは、みなさんが同じことを考えていることから推測できるリスクですが、増税のタイミングで駆け込み需要が発生します。

駆け込み需要が発生した場合、通常よりも多くの方がクルマを買うということです。

例えば、トヨタ自動車のアルファードヴェルファイアなどの大人気車であれば、現在の納期が、3から4ヶ月程度必要とします。

しかし、駆け込み需要があった場合は、通常の2倍から3倍近く納期が長くなってしまうかもしれませんね。

マイナー車(不人気車)などであれば、納期のことをあまり考えなくても良いのですが、人気車を生産するためのしわ寄せがあると考えていても良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

まとめ

消費税の増税ギリギリでクルマの購入検討していては間に合いません。

消費税の増税分で、カー用品が買えちゃいます。

余裕を持って下調べを行い、誰よりも早く契約することをオススメします。

駆け込み需要が原因で納車までの期間が通常よりも長くなることを念頭に入れておいてください。

人気車だけではなく、不人気車でも納期が長くなることをお忘れなく。

クルマの初度登録は、2019年9月中に行うのがベストです。

関連記事はコチラ❤


スポンサーリンク






シェアする

フォローする

スポンサーリンク